PCT出願を凌ぐ海外特許申請をパッケージ出願で行う「Patent+」

海外でのパテントビジネスを手掛けていくために、あらゆる情報をリサーチしています。まずは手軽にWebサイトでリサーチを進めています。その中で判明したのが、国外で特許申請を行うにも、いくつか手法がある、ということです。
比較的メジャーなのが、「国際特許申請」と呼ばれるタイプの通称「PCT出願」という手法です。一般的に国外での特許申請には、この手法を使う特許事務所が多いように見受けられました。日本の特許を取得してから国外の特許を取得する、というスキームになるので、着手が手軽であるということがポピュラーの要因なのかもしれません。この「PCT出願」の場合、日本での特許出願で申請が受理されるまでに平均的に2-3年、海外での特許出願での申請受理でも同様となるようで、つまり合計で平均すると5-6年程度は要してしまうケースが多いようなのです。

一方、もう一つの手法では、「海外特許申請」という手法がありました。これは、前述のPCT出願とは異なり、海外を起点として特許の申請をスタートさせるというスキームに大きな特徴があるようです。例えば日米で特許を出願したい場合、米国での特許申請と日本での特許申請を同時に行うため、最短で2年半程度で特許申請が受理されるケースもある模様です。時間が短縮できる分、申請するエージェントのプロジェクト関与時間も短縮されるのでコストも圧縮でき、また最短2年半程度で特許申請が受理されるということは、ライフサイクルが短い商品のパテントビジネスにも有効活用できることでしょう!ただし、現地での申請を円滑に進められる特許事務所法人とのコネクションをどう作るか?がネックとなりそうです…。

そんな特許申請企業側の大きなメリットは持ちつつも、コネクションがネックとなる「海外特許申請」に強い味方となりそうなサービスを発見しました。「海外特許パッケージ出願」の形で、「日米」だけでなく「日米中」「日米中韓」などの複数国を同時に、ワンパッケージの形で同時特許出願を手掛けるスキームを得意とする、BINGO特許事務所の「Patent+(パテントプラス)」というサービスです。長年の活動の中から培ってきたコネクションで、各国現地の特許事務所やエージェントとのコネクションを広く有し、通常は案件ごとに見積もりベースとなりがちな特許申請が、各国ごとの“ワンプライス制”で出来るコストメリットを打ち出しています。これは、海外特許となると、1件申請に留まらず、複数件の申請が必須となりがちなパテント事業にとっても、予算組みの確保など、管理進行上のメリットを享受できそうです!

PCT出願を凌ぐ海外特許申請出願には、「Patent+」が強い味方になりそうです!!

海外特許申請ニュースへようこそ!

「海外特許申請ニュース」をご覧の皆様、こんにちは、はじめまして!
本サイトを運営します、倉島陽介と申します。

私は、パソコン好きの父親に育てられたこともあり、子供のころからパソコンやゲームが大好きでした。
小さいころから時間さえあればテレビゲームに興じて熱中していた影響か、単にゲームを楽しんでいるだけでは飽き足りず、自分でちょっとしたゲームのプログラムを行うまでになりました。

そんな育った環境もあってか、高校では数学や物理の勉強にも興味を持ち、何とか勉強して、某大学の理学部に入学できるまでになりました!

現在はゼミに入りながら、AR(仮想現実)の世界に興味を持ち、持ち前のプログラミング脳を生かしながら、将来的にビジネスの種になればと、研究を続ける毎日です。

日本において、最近「AR」は話題の技術の一つですが、そんなシーンの火付け役になったのは、言うまでもなく「Pokemon Go!(ポケモンゴー)」ではないでしょうか!?

なにせ「ポケゴー」という愛称まで付くくらい認知は広まり、社会現象にもなりましたからね!

この社会現象にまでなったゲームの成功要因を紐解いてみると、やはり「AR」によって、ゲームの世界と現実の世界が「つながった!」ということにあるでしょう。

普段、部屋からあまり出ない“ゲーマー”“オタク”や“ヒッキー”とまで揶揄されるようなユーザー層までもが熱中して、スマホ片手に街へ出るようになった…いや、むしろゲームがユーザーを街…すなわち現実社会に引っ張り出したのは、大きな貢献といえるのではないでしょうか!?

そんな「Pokemon Go!(ポケモンゴー)」を1ユーザーとして興じてみて気になったには「技術面での権利関係はどうなっているのだろう?」ということです。…つまり「特許(パテント)」と呼ばれる知財のことですね。

特にゲームやアプリなどは、新技術が開発されても、競合や新規参入によって、その権利が侵害されがちです。

現代のゲームやアプリ市場では、日本のユーザーだけでなく外国人ユーザー…すなわち海外市場を獲りに行くことが重要です。

そんな海外市場で戦っていくには、自分たちが開発したゲームやアプリ、技術を権利化する意味で「海外特許申請」を行うのが、もっとも近道になりそうですね!

本サイトでは、そんな「海外特許申請」を研究し、読者の皆様に役立てていただこうと考えています!