Platinum GE(プラチナムGE)で低コスト開業!低リスクで開業するセルフホワイトニングサロン

 

 

セルフホワイトニングサロンは、専用機器と薬品を使い自分で歯を白くする場を提供する事業です。

参入にはある程度の資金が必要ですが、必要な機器を初期費用のみで毎月のレンタル料金が0円のPlatinum GE(プラチナムGE)を利用すると、低リスクで安定した収益化が期待できます。

 

セルフホワイトニングサロン開業に潜むチャンスとリスク

 

 

セルフホイトニングサロンには、開業で得られる大きなチャンスがあります。

どんな商売でもチャンスはあるものですが、特にホワイトニングサロンの場合はまだ参入数が少なく、地方では店舗数も少ないので成功する可能性も十分にありますが、当然リスクも存在します。

 

事業である以上は開業する場合に考えられるあらゆるリスクも存在するため、これらのリスクを回避する方法も考えておかなければなりません。

特に現在のセルフホワイトニングサロンは店舗数が増加傾向にあり、異業種でも参入がかんたんなため、今後激しい競争になることも予想できる事業です。

ホワイトニングという歯を白くする場を提供するというのが事業の柱となりますが、利用者からすれば目的が達成されれば店はどこでもいいので、飲食店などとは違う難しさがあります。

 

飲食店であれば味や名物メニューなどで客にアピールすることもできますが、セルフホワイトニングサロンではそうは行きません。

使用する機器や薬品には種類があるとは言え、歯を白くする効果はどれも大差がないので、説明をしっかり行えばほとんどの場合で効果が望めます。

 

つまり、定期的にセルフホワイトニングサロンを利用する人がいたとしても、その人は歯を白くできればいいので、この店でなければダメだというような「店を選択する要素」が少ないのです。

 

飲食店であれば、おいしい、まずいといった提供されるものの店の評価も関係しますが、セルフホワイトニングサロンの場合は一定水準の機器と薬剤を使えば、どんな人にも一定の効果がでます。

そのため、セルフホワイトニングサロンではそこで提供されるサービスの評価で、利用者が評価しにくいという状況にあります。

 

利用者がサービス内容で店舗の評価がしにくい場合は価格競争になりやすく、安いほうが客数を得られやすくなります。

利用料金安くする場合は徹底したコストカットが必要になりますが、どの業種であれコストカットは一番何度が高く、価格設定によっては大きなリスクにもなります。

 

 

セルフホワイトニングサロンの開業リスクを抑えるには?

 

 

 

セルフホワイトニングサロンの開業にあたっては、専用の機器の導入が必要です。

セルフホワイトニングマシンと言われる専用機器は、世界中のメーカーから販売れていますが、購入せずともレンタルで機器の導入をすることができます。

 

 

購入した場合とレンタルでは大きな違いがあり、それはビジネスモデルという形で現れています、

特にセルフホワイトニングサロンは事業の規模次第ではさほど大きな建物を必要とせず、小さいスペースでも十分開業できるため、マンションの部屋を借りる、理髪店などの片隅に機器を設置して収入を得るといった事も可能です。

 

 

問題はセルフホワイトニングサロンには必ず必要になるホワイトニングマシンをどう調達するかで、購入する場合は高額な費用がかかります。

 

高級機器ともなれば1台50万円以上にもなる場合があるため、初期投資もかなりの額になる場合があり、それは利用料金に反映しないと回収できません。

 

機器の価格はそのまま利用者に利用料金として反映されるのは当然ですが、あまりに高い価格では客入りが望めず、破綻してしまいます。

 

しかし、レンタルであれば毎月、あるいは年間契約をすることでセルフホワイトニングサロンの開業に必要な資金を大幅に削減することができます。

中には飛び抜けて低価格でレンタルできるサービスもあり、うまく活用できれば利用者1人あたりに求める利用費用も安く抑え、高い収益率で回転させることも可能です。

 

低価格でのサービス提供ができるので、他の業種と組み合わせることも簡単です。

マッサージサロンの片隅に数台おいたり、飲食店に空き部屋を設けてそこに数台導入するなど、レンタルによるホワイトニングマシンの導入の利点は沢山あります。

 

 

初期費用のみでレンタル費用0円のPlatinum GE(プラチナムGE)

 

Platinum GE(プラチナムGE)はセルフホワイトニングマシンをレンタル料0円で導入できるのが特長で、資金が少なくてもセルフホワイトニングサロンの開業ができます。

導入事例の成功例が多いのが特長で、レンタル費用が無料というこれまでにない形のサービスです。

必要なのは導入時の初期費用12万円からで、あとは設置スペースを確保すればよく、初期費用は一切かりません。

レンタルする機器によって初期費用は変わりますが、上位機種であっても初期費用のみなのでホワイトニングサロンを低価格で開業できます。

 

利益率も80%という高水準であり、他のセルフホワイトニングサロンよりも低価格でサービスを提供できる環境を構築できるため、客入りも期待でき店舗運営が順調に進めば大きな利益を得ることも可能です。

 

Platinum GE(プラチナムGE)で機器のレンタルをする場合は専用の店舗を用意しなくてもよく、現在何らかの店舗運営をしている場合でも、1.5m四方のスペースがあれば導入できる手軽さです。

ビジネスにプラスすることもできるので、セルフホワイトニングサロンの開業を考えている人だけではなく、現在何らかの店舗運営している人にも利用価値があります。

 

低リスクで成功率の高い事業を考えている場合や、何らかの事業運営に付加価値をつけて集客や収益アップに繋げたい場合は、Platinum GE(プラチナムGE)のサービスはとても魅力的なものです。

 

万が一上手く行かなくとも、損失も最低限で済ませることができます。

セルフホワイトニングサロンはこれから更に伸びていく業種です。

ちょっとしたスペースがあれば十分利益を上げられる可能性を秘めているので、興味があれば問い合わせをしてみてください。

強みを持ったホワイトニングの開業を目指してみた

歯を白くするホワイトニングサロンは増加傾向にあり、新規参入も増えこれから発展していく業種の1つです。
私も開業を検討している1人なのですが、競争が激化していく中でいかに生き残るかは、参入を検討している今の段階から考えておくべき重要な要素です。

競争に強いホワイトサロンを求めて

7年勤めていた会社を数ヶ月前に退職しました。
元々は将来的に自分の会社の運営をすることが目標だったのですが、30歳を超えたあたりからその欲求が高くなり、前倒しで実現に向けた踏み出した形です。
しかし、最近まで自分の選択が甘かったのではないかと感じていました。

開業を目指すのはホワイトニングサロンで、以前自分が体験したことがきっかけです。
ホワイトニングサロンは自分で歯を白くする店ですが、店によって特徴があるのでどの店も同じではありません。
専用機器の性能や、機器の使い方を指導するスタッフの質、価格などの違いもありますが、主軸となる機器の調達方法にも違いがあります。
いま経営されているホワイトニングサロンは、厳しい状況で生き残っている精鋭たちなので、そこに飛び込んでいこうと考えている私は、どうしてもすぐに開業させるという決断ができずにいました。

ホワイトニングサロンは増加しているとは言え、地域によりますがまだそこまで競争が激しいとは言えません。
しかし、これから遠くない将来において競争が激化していくことが予想される業界なので、なんの準備もなくいけばあっという間に廃業に追い込まれることは、かんたんに想像できることです。
開業は金銭的なリスクを背負う事でもあり、人生を左右することにもなりかねない事なので、自分のネイルサロンに強みをもたせられないかを考えて探してみました。

ついに見つけた強みとなるもの

私が見つけたホワイトニングサロンの開業について強みとなるものは、機器の調達方法でした。
ホワイトニングサロンで使用する機器は、購入して揃える方法とレンタルで揃える方法があります。
どちらも一長一短ではありますが、レンタルの場合は業者を選べばかなり低リスクで機器を揃える事ができます。
まだ参入は検討中ではありますが、自分の人生を掛けた大一番なので、慎重に慎重を重ねるのは悪いことではありません。
生き残るための事前準備であれば、時間を掛けてでも行うのは今や当たり前。
新しい世界へ飛び込んでいくのですから、すこしでも成功出来るように努力するのは、介護油を目指す私にとっては楽しくもあります。

残りの人生をこの事業で生きていくすこし大げさな覚悟のもと、ホワイトニングサロンの開業に向けて、これからの準備を入念に行い、満を持した段階で開業をめざす。

会社勤めを辞めて事業を始める事自体が冒険ではありますが、ここに大きなチャンスがあることを信じて前にすすんでいくのみです。